沿革

私たちは常に変化してきました。


私たち株式会社コプレックは、もともと「小林プレス」という会社でした。
当時の仕事のほとんどは、プレス加工を中心とした自動車部品の製造で、毎日数千〜数万個のパーツを加工してきました。

しかし時代の流れに合わせ業態を変化させ続け、現在では板金の総合的な加工にシフトしています。
お客様も電気業界、IT業界、OA機器、小型工作機、農業機械など、板金を使用する製品であれば、業界を問わずご協力できる体制が整っています。

1951創業
1958有限会社に改組
1968株式会社に改組 「株式会社小林プレス」
1969現在地(掛川市下垂木)に移転
1980金型工場新築
1983プレス工場増築
1984板金部品加工に進出
板金工場・食堂・会議室新築
タレットパンチプレス(PEGA)×2機導入
1987小林康男 代表取締役社長就任
1990組立工場新築
プレス工場増改築
プレスロボットライン3ライン導入
事務所増改築
1992バブル経済の崩壊と自動車業界のグローバル化により 四輪プレス加工の採算が悪化

社名変更 株式会社コプレック
1994自動車部品のプレス加工から多品種・少量の板金部品加工にシフト
「YAMAZAKI MAZAK 1.0kw」(レーザー加工機) ×2機導入
1996「AMADA VIPROS 358 KING」(タレットパンチプレス) 導入
1997「AMADA 2.0kw」(レーザー加工機) 導入
1998新板金工場 新築
「AMADA VIPROS 3570 QUEEN」(タレットパンチプレス) 導入
2000「AMADA VPZ358NT」(タレットパンチプレス) 導入
2001「AMADA LC1212A3NT /3.0kw」(レーザー加工機) 導入
2002「AMADA VPZ358NT」(タレットパンチプレス) 導入
Vipros
2003「AMADA FO2412NT /3.6kw 」(レーザー加工機) 導入
FO
2004事務所増改築
「AMADA FO2412NT /2.0kw 」(レーザー加工機) 導入
FO
2005「AMADA EM2510NT 」(タレットパンチプレス) 導入
EM
2007「AMADA EML3510NT+TK 」(テイクアウトローダー付レーザータレパン複合機) 導入
品質マネジメントシステムISO9001を取得
EML
2008「AMADA ASTRO-100NT 」(自動金型交換機能付ブレーキロボット) 導入
環境マネジメントシステム エコアクション21取得
astro
2010「AMADA EMZ3510NTP-TA 」
(タレットパンチプレス:テイクアウトローダー+自動金型交換機能) 導入
EMZ2
2011「AMADA EMZ3510NTP-TA 」
(タレットパンチプレス:テイクアウトローダー+自動金型交換機能) 2台目導入
EMZ2
2013小林康男 代表取締役会長就任
小林永典 代表取締役社長就任
2013「AMADA EM3510ZRT-TA」
(タレットパンチプレス:テイクアウトローダー+自動金型交換+キズ防止用開閉式ブラシテーブル) 導入
EMZRT2
2014「AMADA EM3510ZRT-TA」
(タレットパンチプレス:テイクアウトローダー+自動金型交換+キズ防止用開閉式ブラシテーブル) 導入
EMZRT2
2015「AMADA EM2510MⅡ」
(タレットパンチプレス+カラー鋼板対応キズ防止緩衝材挿入機能付き) 導入
emzm2
2015「AMADA FLC3015AJ」
(ファイバーレーザー 5'✕10'対応) 導入
flc3015aj
2016AMADA ACIES+TK
(2016年5月導入)
EML

  • 株式会社コプレック
    静岡県掛川市下垂木2361

    Tel: 0537-24-5280
    Fax: 0537-24-3743
    Mail: info@coprec.co.jp

    ISO9001: ISAQ833
    EcoAction21: 0002663
  • cop_pdf_logo
  • TEDx Hamamatsu Logo

    COPREC is supporting TEDxHamamatsu.

  • [*Last Update] 2017.06.26